Author: kncadm

日本加多出展資訊-人とくるまのテクノロジー展2019に出展します!

日本加多出展資訊-人とくるまのテクノロジー展2019に出展します!

○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

人とくるまのテクノロジー展2019に出展します! 

< 2019年5月22日(水)~24日(金)@パシフィコ横浜>

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

    ものに触れた時の「接触冷温感」を自動測定する

    KESからの新製品  “QMAXテスター”  を初公開!

 

        自動車内装品の触感評価に欠かせない「冷温感」の評価が可能です!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

 

「接触冷温感」を測定する際の指標となるQmax値は

一般的に手動測定が主流となっています。

 

本製品は測定を “自動“ に改良することで

測定結果の精度が高まり、測定者も効率よく作業が可能となりました。

 

QMAXテスターの実機は、今回の展示会で初お披露目となります。

実際にサンプルを用いてデモを実施しながら、

詳細をご説明させていただきます。

ぜひカトーテックの新製品をご覧ください。

 

【出展装置】

・KES-QM  QMAXテスター(新製品)

http://www.keskato.co.jp/products/kes-qm.html

 

・KES-G5  圧縮試験機

http://www.keskato.co.jp/products/kes-g5.html

 

・KES-SESRU 粗さ/摩擦感テスター

http://www.keskato.co.jp/products/kes-se.html

 

・HapLog  ウェアラブル接触力センサー

http://www.keskato.co.jp/products/haplog.html

 

弊社の技術を、心地よい触感を持つシートや高品質のハンドル・インパネ等の

研究・開発にご活用ください。 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

▼展示会詳細はこちら▼

自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2019

https://expo.jsae.or.jp

 

会期:2019年5月22日(水)~ 5月24日(金)

時間:22日(水)~23日(木)10:00~18:00

   24日(金)10:00~17:00

会場:パシフィコ横浜・展示ホール

    カトーテック株式会社はブースNo.4です。

 

▼事前来場登録はこちら▼

https://expo.jsae.or.jp/entry-form2325

※当日は大変混雑が予想されますので事前参加登録をお勧めいたします。

 

 

*都合により、予告なしに展示内容に変更がでる場合がございます。ご了承ください*

 

 

******************************************************

 

発行元: カトーテック株式会社 本社 営業部

〒601-8447 

京都府京都市南区西九条唐戸町26

TEL 075-693-1660 / FAX 075-681-5243

E-mail sales@keskato.co.jp 

ホームページ http://www.keskato.co.jp/

———————————————————————

KES-QM QMAX專用測試儀 新開發

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

KES-QM (QMAX測試儀)

肌膚在接觸外來物件時,會感覺到「溫感」、「冷感」的感覺,稱之為”接觸冷溫感”。從肌膚轉到物件的熱移動量的不同,會感受到不同的冷溫感。可以針對指標值的”q-max”(熱流量PICK值)進行自動測試作業。

針對夏天時期使用的寢室用品的涼感、冷感;冬天時期的貼身衣物材質的特性評價!

 

【特徵】

  • 模擬人類在觸摸物品時的感覺設計
    • 熱板在接觸測試樣品時的荷重及接觸面積,為模仿人類在觸摸物品時的感覺設計,針對人類接觸物品感覺時的最大熱移動量進行測量。
  • 最大10回連續測試
    • 最大可以進行10次的連續自動測試作業
    • 自動化測試,測定數值精度UP
  • 冷熱板內藏設計
    • 為了保持測定樣品的測定溫度,將冷熱板設計內藏於儀器本體內,同時也實現在省空間設計。
  • 觸控面板數控操作
    • 測定時的操作設計皆在觸控面板上進行,簡單設定測試條件。

【測試應用】

  • 床上寢具的冷感測試
  • 冷卻Sheet的涼感測試
  • 內著貼身衣物的溫感測試(例:涼感衣)
  • 汽車內裝的接觸冷溫感測試

課程訊息-花王”の毛髪研究、技術開発などのヘアケア関連

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐

◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*

   “花王”の毛髪研究、技術開発などのヘアケア関連、品質保証に従事する

              「棚町宏人」氏による

     ヘアケア商品開発のための毛髪ダメージの評価法 測定デモ付き

・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・◆・*・

└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

【日 程】

2019年4月24日(水) 12:30~17:00

【会 場】

江東区文化センター 4階 第2会議室

https://www.rdsc.co.jp/locations/view/97

東京メトロ東西線「東陽町」駅下車 1番出口より徒歩5分

【講 師】

花王株式会社 品質保証部門 信頼性保証・技術渉外部 室長 棚町 宏人 氏

【ご経歴】

1989年長崎大学大学院工学研究科修士課程修了。同年、花王(株)入社。

ヘアケア関連の仕事に従事(毛髪研究、技術開発、商品開発)

1999年~2000年研究留学DWI(ドイツ羊毛研究所)、

2000年~2015年毛髪研究、基盤技術開発、

2016年~品質保証本部 信頼性保証業務

<習得できる知識>

1.毛髪ダメージの実感ポイントと商品開発の実例

2.機器測定の留意点とデータのばらつきを抑えるコツ(サンプル選定、測定時の留意点など)

3.毛髪の基礎知識(構造、組成、物性およびダメージによる変化)

4.摩擦感テスターとサーモラボの測定方法と結果の読み取方(測定デモあり)

——————————————————————————-

【第1部】12:30~14:00

毛髪ダメージの実感ポイントと商品開発への応用

1.髪のパサつき感/うるおい感を支配する因子と評価法

(1)パサつき感の実態

(2)対応する毛髪構造、物性の特定

(3)技術開発

2.触感として実感する髪の硬さ・柔らかさ

(1)実態観察と実感ポイントの把握

(2)対応する毛髪構造、物性の特定

(3)技術開発

【第2部】14:10~15:40

毛髪の機器測定・評価法の実際~ダメージの定量化と留意点~

1.毛髪の機器測定

 (1)機器測定の前に考えておくこと(何のために測定するのか、どこまで測定するのか)

 (2)種々の毛髪物性測定方法とその特徴

 (3)測定方法選択のポイント(何を知りたいか、測定部位は、構造の大きさは)

 (4)測定結果のばらつきに及ぼす毛髪特性(部位差、ダメージ度など)とサンプル調製の留意点

 (5)結果の取り扱い(特異値の取り扱い、統計処理による考察など)

2.ダメージ損傷測定の実例と商品開発への応用

 (1)太陽光ダメージ

   1.観察(目視、SEM)

   2.接触角

   3.TOF-SIMS

   4.引張強度

   5.摩擦

 (2)(ブリーチ+洗髪)ダメージ

   1.観察(目視、AFM)

   2.動的粘弾性

   3.DSC

   4.微小引張

   5.熱移動特性(qmax)、毛流れの可視化

 <質疑応答>

【第3部】16:00~17:00

評価機器の測定デモ

講師:カトーテック株式会社 営業部 牧野 悟

KES-SE摩擦感テスター、FR07サーモラボで実演デモを致します。

 (1) KES-SE 摩擦感テスターの測定デモ

 摩擦感テスターでは、摩擦係数、摩擦係数の変動のデータが得られます。

これら特性値から手で触れた時の「なめらかさ」を客観的なデータで評価し定量化ができます。

KES-SEについての詳細は下記へ↓

http://www.keskato.co.jp/products/kes-se.html

 (2) FR07 サーモラボの測定デモ

 サーモラボは毛髪の“熱移動速度”を数値化することで、毛髪の「パサつき感」「うるおい感」を評価します。

 “熱移動速度”の数値は、人が毛髪を指先で触れた時に感じる、温度低下と相関がとれます。

温度低下が大きいとうるおって感じ、小さいとパサついて感じます。

FR07についての詳細は下記へ↓

http://www.keskato.co.jp/products/finger_robot.html

【受講料】

1名につき49,980円→32,400円(税込/資料付)

2名同時申し込みの場合、1名につき21,600円(税込)

下記のお申込み用紙で申し込みされますと上記割引価格で受講できます。

紹介用申込み用紙はこちらをクリック↓↓

http://www.keskato.co.jp/topics/upload/files/424form.pdf

(お申込みは株式会社R&D支援センター様へお願いいたします)

 更に詳しいセミナー情報はこちらから↓↓

https://www.rdsc.co.jp/seminar/190445

◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆*。.・◆

KES-G5

KES-G5

KES-G5壓縮試驗機

當人類的肌膚接觸物體時,會產生4個感覺,「硬軟感」「摩擦(濕滑)感」「粗糙感」「冷溫感」。KES-G5是針對接觸物體的所產生的硬軟感進行數據量化測試。

目前主要應用實例:

  • 汽車座椅硬軟感測試
  • 衛生用品 (衛生紙、紙尿布、生理用品…)
  • 化粧用品 (頭髮硬軟度、化粧品的硬軟度、泡沫表面張力、乳液硬軟度…)
  • 食品 (烏龍面Q度、食品的咬度、蛋殼硬軟度…)
  • 液晶面板製程 (配向布硬軟度、APR板硬軟度…)
  • 光學產品 (OCA膠硬軟度、感壓紙感度…)
  • NDG5鋰電池材料評估 (隔離紙穿透力…)

 

 

 

上海亚喜国际贸易KES-G5

http://www.fuyashi.com

http://www.fuyashi.com.cn

http://www.fuyashi.co.jp